Hand Made Felt NICOのSource
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
woolのあたたかさ


今日から12月

寒さが本格的になってきました。
ガスヒーターをつけっぱなしの日々ですが、
加湿器をつけると暖かさが増すことを最近発見。
肌にもよさそう。

フェルトの仕事をしているのに、寒さには弱い
...というよりも寒さに弱いからフェルトを作るのか..

フェルトも含むウール全般は身につけると本当に暖かいのです。
フェルトではルームシューズがそれを一番実感できると思っています
暖かい上に軽くてぱたぱた音も出ないし、最高なんです。
私がフェルトを本格的に始めたのもフェルトのルームシューズの
暖かさを知ったことがきっかけでした。

先日、坂野いずみさんのブランケットの展示で購入した
ブランケット。ブランケットといってもそんなに厚手ではないので
マフラーやストールのようにも使えるのですが
これがまたとっても暖かいのです!
暖かい空気をふんわり溜め込んでくれる感じ。

ウールって本当に暖かいんだなぁと実感する冬です。

坂野さんの展示、本当によかったなぁ。。
一年かけてつくりためた50枚以上のブランケットを
どこにも発表せず、一気に見てもらう。
しかも適切な場所で。
それってとっても勇気がいること。。と思うけど
坂野さんとお話してみたら全く迷いはない感じだった。
そして、あんなに素敵な展示
いい作品を適切な場所で見てもらう
ってこと、とても大事だと思った。

私もまずはいい作品を作れるように頑張りたい。

ショッピング!
季節の変わり目は無性にショッピングに行きたくなります。

以前からホームページを見てとても気になっていた五反田のお店
kirpputori(キルップトリ)に行ってみました。
なぜ五反田!?という疑問は残るものの、とても素敵なお店でした。
北欧の食器や雑貨などを扱っていて、フェルトのものもあります。
すっきり、きっぱりな感じの、オーナーさんが本当に好きなもの
だけなのだろうなという品揃えとディスプレイでした。
そこでは一目惚れでARABIAのfaunaシリーズのボウルを購入

写真ではよくわかりませんが、沢山の動物モチーフがとても
可愛いのです。
デザイナーのOiva ToikkaさんはFLORAシリーズも手がけている
かたです。FLORAシリーズもとても好きで欲しいなーと思いつつ
数年前に製造が終わってしまった時にはかなりショックでした。
そんなこともあり、今回は出会ったら迷わず購入でした。
ニット帽な気分


昨日は秋の話でしたが、ファッションは既に冬の気分です。
今年はとにかく ”だらだらした感じ” がテーマです。
太めのジーンズにタイトなピーコートを着て...と
空想のなかではいろいろなコーディネートが出来上がってますが
ピーコート持ってないんですけど..さて、どうしましょう...。

そのなかでも特に、今年はニット帽の気分!です。
ショッピングに行ってもついついニット帽ばかりに
目がいきます。既に2個待機中です。危うくこの前3個目に
手を伸ばしそうになり、ちょっと待った!他にも欲しいもの
あるでしょ!とぐっと我慢しました。




DYMO

韓国のおみやげでDYMOをもらいました!

小学生くらいのころ、よく自分の名前のシールをつくってました。
なつかしい..。
いま改めて見ると、エンボスの文字はとても味があって、小学生の
ようにいろんな持ち物に名前を貼ってしまいました。

小さい頃、母が私たち兄弟の持ち物に何にでも名前を
書いてしまったことを思い出しました。
前にフリマをしたときに、弟のジーンズをだしたところ、
ジーンズの裏にまで油性ペンで名前が!
売る前に気づいてよかったー。ということもありました。

恐るべし..。